印刷する

都立公園における多面的な活用

 社会状況の変化に伴う諸課題に対応しつつ、都立公園の魅力や価値を向上させ、東京をより魅力的にしていくため、都立公園における多面的な活用を進めています。

多面的な活用とは

  都立公園における多面的な活用とは、平成29年5月の東京都公園審議会答申において、「都立公園が潜在的に有する多面的な機能を、都民、来園者、旅行者等の様々なニーズに対応して一層発揮させることで、そのストック効果を高める取組」と定義しています。
 答申では、民間事業者、NPO法人、エリアマネジメント団体等の民間とともに進める、多面的な活用の推進方策が示されています。
 
 ・東京都公園審議会答申「都立公園の多面的な活用の推進方策について」

多面的な活用の取組について