河川の整備

神田川整備工事(新橋~寿橋)

 平成16年5月24日に都市計画事業の許可を受け、事業を進めています。
 平成19年度から護岸工事に着手し、現在柳橋上流から本郷橋下流までの護岸整備を実施しています。
完了写真(中野新橋)

神田川整備工事(番屋橋下流~神泉橋下流)

 環七地下調節池の完成により下流側の治水に対する安全性が高まったため、上流側の護岸整備を進めています。
 現在、宮前橋下流から栄泉橋上流までの護岸整備を実施しています。
完了写真(和泉橋より下流を望む)
完了写真(和泉橋下流)

善福寺川整備工事(済美橋より上流区間)

 和田堀橋~済美橋間において、平成17年9月の記録的な集中豪雨による浸水被害を受けて実施した「河川激甚災害対策特別緊急事業」の完了に引き続き、平成24年度から済美橋より上流の護岸整備を進めています。
 また、和田堀第六調節池の堰改良を行い、同調節池の調節能力が向上したことにより、宮下橋上流の護岸整備に着手しています。
 現在、二枚橋下流から大松橋下流、宮下橋上流から御供米橋上流までの護岸整備を実施しています。
完了区間写真(堀ノ内橋下流)

善福寺川整備工事(西田橋上流~西田端橋下流)

 善福寺川調節池の完成に伴い、下流側の治水に対する安全性が高まったため、西田橋上流の護岸整備に着手しています。
 現在、西田橋上流、神通橋上下流の護岸整備を実施しています。

妙正寺川整備工事(下鷺橋~八幡橋)

 鷺宮調節池の完成に伴い、下流側の治水に対する安全性が高まったため、下鷺橋から八幡橋までの護岸整備に着手しています。
 現在、下鷺橋~オリーブ橋までの護岸整備を実施しています。

環状七号線地下広域調節池工事

 神田川・環状七号線地下調節池と白子川地下調節池を連結するため、環状七号線と目白通りの地下に内径12.5m、延長約5.4kmのトンネル式の調節池を整備します。
 総延長約13.2km、貯留量約143.2万m3を有する地下調節池が完成すると、神田川流域、石神井川流域、白子川流域の時間75ミリ降雨に対する治水安全度が向上するほか、 調節池容量を流域間で相互融通することにより、近年頻発する局地的かつ短時間の集中豪雨(時間100ミリ降雨)にも効果を発揮します。
 平成28年度末に調節池本体トンネル及び中間立坑工事を契約しました。
 平成29年度に中間立坑の構築及びシールドマシンの製作に着手し、平成30年9月にシールドマシンが完成しました。
 平成31年度は引き続き中間立坑の構築及びシールドマシンの現地組立・発進準備を行います。
 
施設概要
環状七号線地下広域調節池 内径 延長 貯留量
白子川地下調節池 10.0m 3.2km 21.2万立方メートル
連結区間(今回整備) 12.5m 5.4km 68万立方メートル
神田川・環状七号線地下調節池 12.5m 4.5km 54万立方メートル
13.1km 143万立方メートル
相互融通のイメージ
調節池全体イメージ

善福寺川調節池工事

 善福寺川上流域の浸水被害を早期に軽減するため、都立善福寺川緑地内に貯留量約35,000m3の地下調節池を整備し、平成28年8月末より取水が可能となっています。
 平成29年度に、調節池上部の公園復旧工事を実施し、平成30年4月に「なかよし広場」を一部開園しました。なお、広場の一部は、調節池上流区間の護岸整備のため、工事用搬入路として使用しており、護岸整備完了後に復旧を予定しています。

 ※東京都チャンネル(YouTube)で事業PR動画を公開しています。
   大雨に備える-善福寺川調節池-(6分26秒)
調節池全体イメージ
写真 調節池内部

下高井戸調節池工事

 神田川では大雨・洪水に対処する治水対策を進めており、その一環として区立下高井戸おおぞら公園(未開園部分)の地下に下高井戸調節池を整備します。
 平成30年度より調節池工事のための工事用車両搬出入路の整備に着手しており、搬出入路設置完了後、調節池工事に着手して参ります。
調節池全体イメージ

和田堀公園調節池工事

 善福寺川では大雨・洪水に対処する治水対策を進めており、その一環として都立和田堀公園内に和田堀公園調節池を整備します。
 平成29年度より調節池工事のための工事用車両搬出入路の整備に着手し、平成30年度から調節池工事に着手しています。
 和田堀公園調節池は、都立和田堀公園と一体的に整備される調節池であり、親水空間の創出と洪水調節池機能を兼ね備えた施設として整備して参ります。
調節池全体イメージ
 
 「和田堀公園調節池における修景整備(案)」に関する意見募集結果をUPしました。
 このたび、都民の皆様からお寄せ頂いたご意見に対する回答を取りまとめましたので、公表致します。

  〇施工中の工事内容・お知らせについてはこちら