印刷する

中小河川の整備

 人口や資産が集積する都市部などにおいて、台風や集中豪雨による水害から都民の命と暮らしを守るため、1時間当たり50ミリの降雨により生じる洪水に対して安全を確保することを目標として中小河川の整備を進めてきました。

 しかし、近年はこれまでの目標整備水準を超える集中豪雨などが増加し、それに伴う水害が発生しています。

 このため、神田川や石神井川など区部の台地を流れる河川は時間75ミリ、野川など多摩部を流れる河川は時間65ミリ(いずれも年超過確率1/20のレベルに相当)に目標整備水準を引き上げ、優先度を考慮しながら水害対策の強化を図っています。

 時間50ミリまでは河道整備により洪水を安全に流すことを基本とし、それに調節池などを組み合わせて、地域の状況に応じた効果的な対策を実施しています。

河川整備計画の紹介ページへ

河道整備

 区部の神田川や石神井川、白子川、多摩部の空堀川、鶴見川、谷地川など都内46河川、324kmにおいて、川幅を広げたり(河道拡幅)、河床を掘り下げる(河床掘削)などの河道整備を進めています。

 整備にあたっては、治水面の安全性の向上とあわせて、管理用通路を緑豊かな遊歩道として整備し、川沿いにスペースがある箇所では、緩やかな傾斜の護岸を整備するなど、人々が水辺に近づける工夫をするとともに、動植物の生息・生育環境などにも配慮した川づくりに努めています。

河道整備(善福寺川 杉並区)
親水性に配慮した川づくり(空堀川 東大和市)
主な中小河川の整備状況図
(50ミリ規模)

調節池・分水路の整備

 川沿いにビルや住宅が立ち並ぶなど、川幅を広げるなどの河道整備に長期間を要する箇所においては、洪水の一部を貯留する調節池や、洪水の一部を別のルートに分けて流す分水路を整備し、水害に対する安全性を早期に向上できるように努めてきました。

調節池整備の効果イメージ

 平成30年度末までに12河川28箇所で合計約256万m3の調節池と、5河川8箇所で総延長約12kmの分水路が完成しました。

 今後は、時間50ミリを超える降雨によって生じる洪水については調節池により対応することを基本とし、新たな目標整備水準の達成に向けた調節池の整備を神田川や野川など優先度が高い9流域から順次進めていきます。

 令和7年度までに、環状七号線地下広域調節池を始めとして、現在整備中の8施設(7調節池(約110万m3)と1分水路)を稼働させ、都内全域の調節池容量を約1.4倍(平成30年度末比)に拡大するなどして、浸水被害を軽減させていきます。

「中小河川における都の整備方針」のページへ

環状七号線地下広域調整池のイメージ「白子川地下調節池(事業中) 環状七号線地下広域調整池(石神井川区間) 神田川・環状七号線地下調節池(完成) 洪水調節機能を流域間で融通」
環状七号線地下広域調節池のイメージ

東京都の調節池

 東京都がこれまで整備してきた調節池や、現在整備中の調節池の概要についてご紹介します。 
 東京都の調節池 紹介ページ

中小河川整備のストック効果

 東京都がこれまで整備してきた護岸、調節池等による浸水被害の軽減など、河川整備のストック効果についてご紹介します。
 中小河川整備のストック効果 紹介ページ

東京都豪雨対策アクションプラン

 東京都では、今般の台風被害等を踏まえ、東京都豪雨対策基本方針に基づく2020年以降の取組について、「これまでの取組の着実な推進と加速」・「新たな取組による強化」・「台風第19号を踏まえた対応」を取りまとめた概ね5年間の行動計画として、令和2年1月24日に「東京都豪雨対策アクションプラン」を策定しました。
 本編及び概要版は下記リンクよりご覧いただけます。
 東京都豪雨対策アクションプラン 紹介ページ(都市整備局ホームページ)