江東内部河川流域浸水予想区域図

浸水予想区域図(改定)について

改定図の説明
(1) 作成主体:都市型水害対策連絡会(江東内部河川流域)
(2) 作成年月日:令和2年3月26日
(3) 対象とした地域:江東内部河川流域の一部や、雨水が直接海域へ排水される区域等、
(4) 対象とした降雨:想定最大規模降雨(時間最大雨量 153mm、総雨量 690mm)
(5) 関係区:中央区、港区、墨田区、江東区、品川区、江戸川区


 
改定図のダウンロード
改定図の数値データ
 改定図では、メッシュ毎の地盤高・浸水深の詳細数値データを公開していますので、ご利用上の注意を確認の上、ご利用ください。


江東内部河川流域 浸水予想区域図(改定)の浸水深・地盤高データ 


 

浸水予想区域図(改定)の参考図について

 これまで、水防法に基づく水位周知河川・洪水予報河川として指定されていない河川においても、他の指定している河川と同様に、浸水継続時間や氾濫流及び河岸侵食で家屋が流出・倒壊するおそれがある範囲を示す図面を浸水予想区域図の参考図として、作成・公表してきました。

 今回の江東内部河川流域においては、解析を行った結果、外水氾濫(河川から水があふれることで浸水する現象)は発生しないものと想定されたため、内水氾濫(下水道管のつまりや窪地に水がたまることで浸水する現象)による浸水のみを表示したものとなっています。このため、浸水予想区域図の参考図は作成しておりません。



 

浸水予想区域図(改定)に関するよくある質問

 浸水予想区域図の改定図(想定最大規模降雨版)に関する基本的な内容については、以下のQ&Aを参考にしてください。
 
 江東内部河川流域浸水予想区域図(改定) Q&A [509KB]

浸水予想区域図(東海豪雨版)について

図面の説明
(1) 作成主体 東京都都市型水害対策連絡会
(2) 作成年月日 平成16年5月26日作成
(3) 対象とした地域 江東内部河川流域の一部や、雨水が直接海域へ排水される区域等
(4) 対象とした降雨 平成12年9月 東海豪雨(総雨量 589mm、時間最大雨量 114mm)
(5) 関係する区 中央区、港区、墨田区、江東区、品川区、江戸川区
図面のダウンロード

お問い合わせ

東京都建設局河川部計画課 中小河川担当
電話:03-5320-5414