印刷する

井の頭池かいぼりのお知らせ(2019年度)

四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング」実施のお知らせ 2月は「冬の水鳥」大注目![2月8日(土)]


さまざまな生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察する「井の頭池ちょこっとウォッチング」。
2月のテーマは「冬の水鳥」です。
 
今期はカモ類やオオバンの飛来数が多く、井の頭池が大にぎわい。
飛来数だけでなく、これまでとは違う種類の水鳥も見られています。
どんな水鳥が来ているの? どうして増えているのだろう? 一緒に観察しましょう!
 
~~井の頭池ちょこっとウォッチングとは?~~
かいぼりをした井の頭池では、在来魚やエビ類が回復し、カイツブリなどの水鳥の繁殖状況が好転しました。再生したイノカシラフラスコモやツツイトモが群生する様子は、かつての井の頭池の姿を彷彿とさせます。かいぼりの際に整備された浅場には湿生植物が定着し、水鳥やトンボが訪れています。
四季折々の生きものでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものを観察してみませんか? 湿地の整備作業など、水辺環境を豊かにする取組も見学します。
ウォッチングツアーは、井の頭池の自然再生のために活動しているボランティア“井の頭かいぼり隊”がご案内します。
 
季節ごとに見どころが変わるこのツアー、毎月のテーマを変えてご案内します。
※池の状況によってテーマが変更になることもあります。
 

場 所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日 時:2020年2月8日(土) 10:00~11:30
     9:30から野外ステージ前にて受付、少雨実施
 
定 員:各回30名(当日先着順、事前申込不要)
対 象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:飲み物、帽子、双眼鏡(あれば)
参加費:1人 30円(保険代として)
 
※歩きやすい靴、服装でお越しください(池には入りません)

・井の頭池ちょこっとウォッチング(2月)[PDF:1.63MB] 
 
主催:東京都西部公園緑地事務所
企画・運営:認定NPO法人 生態工房
 
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)
 

池のために、ひと仕事!「ちょこっとかいぼり隊」実施のお知らせ [2月11日(火・祝)、22日(土)]


井の頭かいぼり隊の大事な活動の中に、池の周辺の環境を整備する作業もあります。かいぼり隊と一緒に「しがら柵づくり」や「浸透地の泥上げ」をして、池への泥水の流入を減らしましょう。
 
~ちょこっとかいぼり隊とは?~
井の頭かいぼり隊のボランティアは、さまざまな活動を通じて池の環境保全に携わっています。そのひとつが雨が降ると池へ流れ込む泥水対策です。泥水は、池水を濁らせて水草を弱らせたり、池の底質を悪化させるため、かいぼり隊は泥水を抑えるため、池周辺の整備作業をおこなっています。ちょこっとかいぼり隊は、公園の利用者がかいぼり隊と共にこのような作業を行うことで、水辺の再生事業への理解を深める作業イベントです。
 

場 所:井の頭恩賜公園
日 時:2020年2月11日(火・祝)、2月22日(土)
            10:00~12:00 雨天中止
受 付: 9:30から野外ステージ前で受付
定 員:各回25名(当日先着順、事前申込不要)
対 象:小学生以上(作業は小学校中学年以上向き)
   ※小学3年生以下は保護者と一緒にご参加ください。
持ち物:作業できる服・靴(池には入りません)、作業手袋、防寒対策
参加費:1人 30円(保険代として)
   ※天候や現地の状況によって作業内容が変更になる場合があります。
 
・ちょこっとかいぼり隊(2月)[PDF:812KB]
 
主催:東京都西部公園緑地事務所
企画・運営:認定NPO法人 生態工房
 
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)
 

四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング」実施のお知らせ 1月は透明度の高い池を堪能しましょう![1月18日(土)]


さまざまな生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察する「井の頭池ちょこっとウォッチング」。
1月のテーマは「湧水と井の頭池」です。
 
武蔵野三大湧水池の一つである井の頭池は、かつては豊富な湧水を湛えていましたが1960年代に湧水が減少してからは井戸水を補給しています。湧水は完全になくなったわけではなく、大雨などで地下水位が上昇すると池のあちこちに湧水が出ることが確認されています。2019年10月の台風の後に湧水量が増え、現在も池の透明度が高い状態が続いています。
透明度の高い池を堪能し、地下水と池の関係を知りましょう。
 
~~井の頭池ちょこっとウォッチングとは?~~
かいぼりをした井の頭池では、在来魚やエビ類が回復し、カイツブリなどの水鳥の繁殖が盛んになりました。再生したイノカシラフラスコモやツツイトモが群生する様子は、かつての井の頭池の姿を彷彿とさせます。かいぼりの際に整備された浅場には湿生植物が定着し、水鳥やトンボが訪れています。
四季折々、生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察してみませんか? 調査用ワナの引揚げや湿地の整備作業など、水辺環境を豊かにする取組も見学します。
ウォッチングツアーは、井の頭池の自然再生のために活動しているボランティア“井の頭かいぼり隊”がご案内します。
 
季節ごとに見どころが変わるこのツアー、毎月のテーマを変えてご案内します。
※池の状況によってテーマが変更になることもあります。
 

場 所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日 時:2020年1月18日(土) 10:00~11:30
     9:30から野外ステージ前にて受付、少雨実施
 
定 員:各回30名(当日先着順、事前申込不要)
対 象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:飲み物、帽子、双眼鏡(あれば)
参加費:1人 30円(保険代として)
 
※歩きやすい靴、服装でお越しください(池には入りません)
 
・井の頭池ちょこっとウォッチング(1月)[PDF:1.68MB]
 
主催:東京都西部公園緑地事務所
企画・運営:認定NPO法人 生態工房
 
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)
 

四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング」実施のお知らせ 12月は「サギ」を探しにいきましょう![12月14日(土)]

さまざまな生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察する「井の頭池ちょこっとウォッチング」。
12月のテーマは「サギ」です。
 
サギ類は川や池などの水辺の代表的な野鳥です。井の頭池にも何種類かのサギがいて、冬には数が多くなりますが、あまり目立ちません。サギたちはどこにいて、何をしているのでしょうか? 双眼鏡を持って探しに行きましょう!
 
~~井の頭池ちょこっとウォッチングとは?~~
かいぼりをした井の頭池では、在来魚やエビ類が回復し、カイツブリなどの水鳥の繁殖状況が好転しました。再生したイノカシラフラスコモやツツイトモが群生する様子は、かつての井の頭池の姿を彷彿とさせます。かいぼりの際に整備された浅場には湿生植物が定着し、水鳥やトンボが訪れています。
四季折々、生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察してみませんか? 調査用ワナの引揚げや湿地の整備作業など、水辺環境を豊かにする取組も見学します。
ウォッチングツアーは、井の頭池の自然再生のために活動しているボランティア“井の頭かいぼり隊”がご案内します。
 
季節ごとに見どころが変わるこのツアー、毎月のテーマを変えてご案内します。
※池の状況によってテーマが変更になることもあります。
 

場 所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日 時:2019年12月14日(土) 10:00~11:30
     9:30から野外ステージ前にて受付、少雨実施
 
定 員:各回30名(当日先着順、事前申込不要)
対 象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:飲み物、帽子、双眼鏡(あれば)
参加費:1人 30円(保険代として)
 
※歩きやすい靴、服装でお越しください(池には入りません)

・井の頭池ちょこっとウォッチング(12月)[PDF:1.92MB]
 
 
主催:東京都西部公園緑地事務所
企画・運営:認定NPO法人 生態工房
 
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)

 

四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング」実施のお知らせ 11月は「カモ」を見よう![11月16日(土)、17日(日)]

さまざまな生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察する「井の頭池ちょこっとウォッチング」。
11月のテーマは「カモ」です。
 
北国から越冬のために渡ってきたカモは、井の頭池でどのように暮らしているのでしょうか。食べものの好みや休む場所、行動など、カモの種類によってさまざまです。
このほか、調査用のワナを引き揚げて魚やエビの生息状況も観察します。
 
~~井の頭池ちょこっとウォッチングとは?~~
かいぼりをした井の頭池では、在来魚やエビ類が回復し、カイツブリなどの水鳥の繁殖状況が好転しました。再生したイノカシラフラスコモやツツイトモが群生する様子は、かつての井の頭池の姿を彷彿とさせます。かいぼりの際に整備された浅場には湿生植物が定着し、水鳥やトンボが訪れています。
四季折々、生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察してみませんか? 調査用ワナの引揚げや湿地の整備作業など、水辺環境を豊かにする取組も見学します。
ウォッチングツアーは、井の頭池の自然再生のために活動しているボランティア“井の頭かいぼり隊”がご案内します。
 
季節ごとに見どころが変わるこのツアー、毎月のテーマを変えてご案内します。
※池の状況によってテーマが変更になることもあります。


場 所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日 時:[1]2019年11月16日(土) 10:00~11:30
      [2]2019年11月17日(日) 10:00~11:30
      9:30から野外ステージ前にて受付、少雨実施
 
定 員:各回30名(当日先着順、事前申込不要)
対 象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:飲み物、帽子、双眼鏡(あれば)
参加費:1人 30円(保険代として)
 
※歩きやすい靴、服装でお越しください(池には入りません)

・井の頭池ちょこっとウォッチング(11月)[PDF:1.45MB]
 
 
主催:東京都西部公園緑地事務所
企画・運営:認定NPO法人 生態工房
 
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)
 

四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング(10月)」開催のお知らせ


四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング」 10月は「秋の水鳥」に注目!
 
さまざまな生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察する「井の頭池ちょこっとウォッチング」。
10月のテーマは「秋の水鳥」です。
 
秋になると、北国から井の頭池にオオバンやカモの仲間が渡ってきます。潜水してツツイトモをついばんだり、浅場で植物の種子を探したりなど、行動は種によって様々です。水鳥を通して、井の頭池の自然環境と保全の取組を見てみましょう。
 
~~井の頭池ちょこっとウォッチングとは?~~
かいぼりをした井の頭池では、在来魚やエビ類が回復し、カイツブリなどの水鳥の繁殖状況が好転しました。再生したイノカシラフラスコモやツツイトモが群生する様子は、かつての井の頭池の姿を彷彿とさせます。かいぼりの際に整備された浅場には湿生植物が定着し、水鳥やトンボが訪れています。
四季折々、生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察してみませんか? 水辺環境を豊かにする取組も見学します。
ウォッチングツアーは、井の頭池の自然再生のために活動しているボランティア“井の頭かいぼり隊”がご案内します。
 
季節ごとに見どころが変わるこのツアー、毎月のテーマを変えてご案内します。
※池の状況によってテーマが変更になることもあります。

 
場 所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日 時:2019年10月20日(日) 10:00~11:30
    9:30から野外ステージ前にて受付、少雨実施
 
定 員:各回30名(当日先着順、事前申込不要)
対 象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:飲み物、帽子、双眼鏡(あれば)
参加費:1人 30円(保険代として)
 
※歩きやすい靴、服装でお越しください(池には入りません)

・井の頭池ちょこっとウォッチング(10月)[PDF:1.54MB]
 
 
主催:東京都西部公園緑地事務所
企画・運営:認定NPO法人 生態工房
 
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)
 

四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング(9月)」開催のお知らせ


四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング」 9月は「湿地の植物」に注目!

さまざまな生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察する「井の頭池ちょこっとウォッチング」。
9月のテーマは「湿地の植物」です。

かいぼり27以降、井の頭池に湿地や浅場を増やす取組を行ってきました。
そうしてできた浅場にはさまざまな湿生植物が生育し、絶滅危惧種も確認されています。
湿地や浅場の植物に注目し、そこに集まる生きものも観察します。
湿地や浅場が重要なわけを、観察しながら学びましょう!

~~井の頭池ちょこっとウォッチングとは?~~
かいぼりをした井の頭池では、在来魚やエビ類が回復し、カイツブリなどの水鳥の繁殖状況が好転しました。再生したイノカシラフラスコモやツツイトモが群生する様子は、かつての井の頭池の姿を彷彿とさせます。かいぼりの際に整備された浅場には湿生植物が定着し、水鳥やトンボが訪れています。
四季折々、生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察してみませんか? 水辺環境を豊かにする取組も見学します。
ウォッチングツアーは、井の頭池の自然再生のために活動しているボランティア“井の頭かいぼり隊”がご案内します。

季節ごとに見どころが変わるこのツアー、毎月のテーマを変えてご案内します。
※池の状況によってテーマが変更になることもあります。
 
場 所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日 時:2019年9月8日(日) 10:00~11:30
    9:30から野外ステージ前にて受付、少雨実施
 
定 員:各回30名(当日先着順、事前申込不要)
対 象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:飲み物、帽子、双眼鏡(あれば)
参加費:1人 30円(保険代として)
 
※歩きやすい靴、服装でお越しください(池には入りません)

・井の頭池ちょこっとウォッチング(9月)[PDF:1.59MB]
 
 
主催:東京都西部公園緑地事務所
企画・運営:認定NPO法人 生態工房
 
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)
 
 

四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング(8月)」開催のお知らせ 


四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング」 8月は「トンボ」です!
 
さまざまな生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察する「井の頭池ちょこっとウォッチング」。
7月(7月6日(土)、7月27日(土)実施)の「水草」に続いて、8月の主役は・・・「トンボ」です!
かいぼりの後、トンボの数が増えています。いろいろな種類のトンボを探して歩きましょう!
 
~~井の頭池ちょこっとウォッチングとは?~~
かいぼりをした井の頭池では、在来魚やエビ類が回復し、カイツブリなどの水鳥の繁殖状況が好転しました。再生したイノカシラフラスコモやツツイトモが群生する様子は、かつての井の頭池の姿を彷彿とさせます。かいぼりの際に整備された浅場には湿生植物が定着し、水鳥やトンボが訪れています。
四季折々、生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察してみませんか? 水辺環境を豊かにする取組も見学します。
ウォッチングツアーは、井の頭池の自然再生のために活動しているボランティア“井の頭かいぼり隊”がご案内します。
 
季節ごとに見どころが変わる井の頭池、毎月のテーマを変えてご案内します。
※池の状況によってテーマが変更になることもあります。

場所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日時:[1]2019年8月17日(土) 10:00~11:30
     9:30から野外ステージ前にて受付、少雨実施
 
定 員:各回30名(当日先着順、事前申込不要)
対 象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:飲み物、帽子、双眼鏡(あれば)
参加費:1人 30円(保険代として)
 
※歩きやすい靴、服装でお越しください(池には入りません)
 
・井の頭池ちょこっとウォッチング[PDF:1.54MB]

 
主催:東京都西部公園緑地事務所
企画・運営:認定NPO法人 生態工房
 
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)


 

四季折々、水辺散策「井の頭池ちょこっとウォッチング」開催のお知らせ

かいぼりをした井の頭池では、在来魚やエビ類が回復し、カイツブリなどの水鳥の繁殖状況が好転しました。再生したイノカシラフラスコモやツツイトモが群生する様子は、かつての井の頭池の姿を彷彿とさせます。かいぼりの際に整備された浅場には湿生植物が定着し、水鳥やトンボが訪れています。
四季折々、生きものたちでにぎわうようになった井の頭池で、水辺の生きものたちを観察してみませんか? 水辺環境を豊かにする取組も見学します。
ウォッチングツアーは、井の頭池の自然再生のために活動しているボランティア“井の頭かいぼり隊”がご案内します。
 
季節ごとに見どころが変わるこのツアー、7月の主役は「水草」です!
※池の状況によってテーマが変更になることもあります。

場所:井の頭恩賜公園 井の頭池
日時:[1]2019年7月6日(土) 10:00~11:30
   [2]2019年7月27日(土) 10:00~11:30
           9:30から野外ステージ前にて受付、少雨実施
 
定  員:各回30名(当日先着順、申込不要)
対  象:小学生以上(解説は小学校高学年向け)
持ち物:飲み物、帽子、双眼鏡(あれば)
参加費:1人 30円(保険代として)
 
※歩きやすい靴、服装でお越しください(池には入りません)

・井の頭池ちょこっとウォッチング[PDF:1.33MB]

 
主催:東京都西部公園緑地事務所
企画・運営:認定NPO法人 生態工房
 
問い合わせ:認定NPO法人 生態工房 0422-27-5634
(イベント当日は080-5462-2476へ)
 
  • 昨年度の成果見学会の様子[1]
  • 昨年度の成果見学会の様子[2]

お問い合わせ

建設局西部公園緑地事務所 工事課 0422-47-0192