井の頭池だより28 4月

2016年4月28日(木)

井の頭池モニタリング活動、スタート!

井の頭池のかいぼりが終了し、池の水が満たされてから約ひと月がたちました。
公園ではにぎやかな桜の季節が過ぎ去り、夏鳥の気配を感じる季節になりました。
弁天池周りのミズキ。弁天橋からは花の香りを楽しめます!
みなさん、かいぼり後の池の様子はご覧になられましたでしょうか。
水を溜めた直後は濁りが見られたものの、今ではそれも落ち着いて、池底が見える程に透明な状態を保っています。
池底に沈めた“布団カゴ”の石もくっきりと見えます!

そうした中、かいぼり隊(市民ボランティア)の活動もスタートしました。
4月23日には、かいぼりでは取り除くことができないアメリカザリガニ捕獲のためのワナを組み立て、池に設置しました。今後、池底からの水草の復活が期待されていますが、それらの定着のためにも欠かせない捕獲作業となります。
慣れた手つきでワナを次々に組み立てます!
池の中でのワナ設置作業
みなさま、ご協力お願いいたします。
今年度は、かいぼり後の池の生態系がどのように変化していくかを見守るために、こうした捕獲作業の他に、魚類等のモニタリングや、水鳥やトンボ類、水草の再生状況の把握といった、池を取り巻く多様な生き物の調査にもかいぼり隊が挑戦していきます。
かいぼり後、水草の再生や水鳥の繁殖が期待される井の頭池。
今後はこうした池の様子を、「井の頭池だより28」として、かいぼり隊の活動の様子と合わせてお伝えしていきます。乞うご期待!
雨の中、水鳥調査に早朝から集合した強者達!
かいぼり隊、NPO、都職員が集まっての結団式。かいぼり隊始動!!

お問い合わせ

建設局西部公園緑地事務所 工事課 0422-47-0192