印刷する

井の頭池だより29 12月

2017年12月27日(水)

いよいよスタート、かいぼり29

年末も押し迫り、井の頭池で3回目のかいぼりが始まりました!
現在、池の周囲には立入防止ネットなどが張られています。貸しボートの陸揚げも始まりました。
このスワンちゃんたちが陸にいる風景、いつ見てもシュールで哀愁が漂っています。
桜が咲く頃には生まれ変わった池に入れるから、しばらく待っててね~。
12月26日からはいよいよポンプを使った排水が始まりました。
こちらは弁天池に設置したポンプ。

園路脇を通して下流へと送水します。
ひょうたん池に大量の水が排水されています。
かいぼり期間中、皆さまにはご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

今後も排水を進め、1月13・14日のかいぼり祭での「おさかなレスキュー隊」の活動に向けて水位を下げていきます。
現在の池の様子はこちら。
お茶の水池(12月27日撮影)
弁天池(12月27日撮影)
まだ池にはたっぷり水があります。水位は徐々に下がってきているのですが、ぱっと見ではまだまだ分かりにくい程度です。
池の様子については今後も随時お知らせしていきます。これからの変化にドキドキわくわくしますね!

おさかなレスキュー隊に参加する皆さん、かいぼり隊を始めボランティアの皆さん、関係者の皆さん。いよいよかいぼり29本番ですよ! 正月休みはイメージトレーニングと健康管理を怠らず、本番に備えてください!

2017年12月22日(金)

慰霊祭を行いました

12月17日(日)、年末恒例の慰霊祭を執り行いました。
井の頭池での活動で駆除した外来種、そして外来種に捕食されてしまった在来種の生きものに、追悼の祈りを捧げました。
 
お供えは、かいぼり隊の皆さんも持ちよります。アメリカザリガニや魚のエサになりそうなものから、こちらはまるで収穫祭のようになっています。
思い思いのお供えに、生きものへの愛情が詰まっていると思うと、心が温かくなります。人間が食べられる物は、後でおいしくいただきました。
 
生きるということはほかの生きものの命を奪うことでもありますが、駆除された外来種、それに食べられてしまった在来種の命は、本来は奪われるはずのなかったものです。これらを慰霊し、今後奪われる命を減らすことができるように、活動への使命を心に刻みました。生きものを外へ放さない。飼育者の方々がこのことを心がけてくれますように。
 
年明けには、いよいよかいぼり29本番です。気持ちも新たに活動に取り組んでいきます。
 

お問い合わせ

建設局西部公園緑地事務所 工事課 0422-47-0192