印刷する

葛西臨海水族園(仮称)整備等事業

 東京都では、開園から30年が過ぎた葛西臨海水族園の施設や設備の老朽化等に対応しつつ、都立水族館として社会的責任を果たし、持続的に発展していくための方策を検討し、令和2年10月に「葛西臨海水族園の更新に向けた事業計画」(以下「事業計画」という。)を公表しました。
 事業計画では、葛西臨海水族園の敷地内に、既存施設とは別に新たに建物を建築し、水族園機能を移設することや、新たな水族園の展示のねらい、施設規模とともに、事業手法としてPFI-BTO方式(※1)を活用することなどを定めています。
 今後、PFI-BTO方式の活用し、葛西臨海水族園(仮称)整備等事業を進めてまいります。
 事業の状況について、以下の通り御案内します。
 
※1 PFI-BTO方式とは:民間事業者が施設等を建設し、施設完成後に公共施設等の管理者等に所有権を移転し、民間事業者が維持・管理及び運営を行う事業方式
※ PFIとは:
https://www8.cao.go.jp/pfi/pfi_jouhou/aboutpfi/aboutpfi_index.html
(内閣府ホームページ)
 
1 事業の状況
(1)実施方針の見通しの公表
 民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(平成11年法律第117号)第15条に基づき、実施方針の見通しを公表しました。
 
名称 葛西臨海水族園(仮称)整備等事業
事業期間 25年間
事業概要 水族館の設計、建設、維持管理
公共施設等の立地 東京都江戸川区臨海町六丁目地内
実施方針を策定する時期 令和3年秋頃
 
 【公表時期】令和3年4月27日

2 今後の取組予定
(1)事業に関する意見募集、現場説明会
 本事業を進めるにあたり、事業参加希望者等から意見を募集します。あわせて、現在の葛西臨海水族園の状況を御説明させていただく機会を予定しています。頂いたご意見は、実施方針の策定に活用いたします。
 (※希望者多数の場合には、映像配信等に代えることも想定)
 【予定時期】令和3年5~6月頃

(2)実施方針の策定、公表
 事業参加希望者等からの意見を参考に、実施方針を策定、公表します。また、同時に要求水準書案等も公表し、事業者参加希望者等からの質問を募集する予定です。頂いた質問は、要求水準書の策定に活用いたします。 
 【予定時期】令和3年秋頃

(3)要求水準書の策定、公表
 要求水準書案に対する質問等も参考に、要求水準書を策定、公表します。
 事業参加希望者等からの質問及び質問に対する東京都の回答については、要求水準書とあわせて公表する予定です。
 【予定時期】令和3年秋頃

お問い合わせ

建設局公園緑地部計画課
電話 03-5320-5368